<html xmlns:o="urn:schemas-microsoft-com:office:office" xmlns:w="urn:schemas-microsoft-com:office:word" xmlns="http://www.w3.org/TR/REC-html40"> 公表に当たって

「編集長コラム」公表にあたって

 

 ここにあるのは「段躍中」であって、「段躍中」ではないのかもしれない。下記にまとめたものを俯瞰すると、そう感じるほどである。

 そう筆者自身が記してしまうのは、ここには多くの「段躍中」からである。自分でもこれだけ多くのテーマについて、書き散らしてきたと思う。これらは雑文であり、時には日本語の間違いが目立つが、その時その時に応じて伝えたいことを書いてきたつもりだ。

 あらためて見直すと、その時の思考や発想に教えられることもある。十何年も前の文章に、現在の思考の萌芽が垣間見えることもある。拙くても、「日本人の中国における貢献」「在日中国人の活躍」「日中における実情に即した情報発信」に力を入れ、日中友好・相互理解を促進させたいという志はかわらない。

 駄文であるが、私の思考が読者に些少でも役立つことを願って、ここに公開する。お読みいただき、叱咤いただければ幸いである。

 

目 次

01-旧文新録

02-  温家宝首相の国会演説から見えたもの(200704

03- 海外で活躍する多くの「ゴジラ」の紹介を(200704

04- 民間からの日中友好・相互理解を行うためには(200705

05- ODAで民間交流に支援はできないだろうか(200705

06- 在日外国人の子育てにもっと支援を(200705

07- 地に、紫の小さな花を(200705

08- 中国メディアの日本(200706

09- 日中WEB・ブログフォーラム開催を目指して(200706

10- 今こそ日中で民間交流を20080220