民間からの日中友好・相互理解を行うためには

日中交流研究所所長 段躍中

 

 

日本と中国の性格の違い

 2005年から、2つの作文コンクールを毎年主催している。「日本人の中国語作文コンクール」と「中国人の日本語作文コンクール」である。特徴は、日中両国で互いの言語で書く作文コンクールである点である。書き上げるのに時間がかかる作文を書くことによって、思考が深まり、より相互理解・民間交流が促進できると考えてのことである。

 作文コンクールを主催して、いろいろなことが見えてきた。そこから現れてくる日本と中国の応募者の性格の違いを述べてみたい。

まず、応募数である。「中国人の日本語コンクール」の応募数は、第一回は1890人からの応募、第二回コンクールでは1616人である。実に成功したコンクールに思われるかもしれない。しかし、同時期に行った「日本人の中国語コンクール」は、第一回が243人、第二回が228人であった。しかも両回とも締め切りを2ヵ月延長してのことである。

今、電卓を弾いてみたら、日本人の応募者は、中国人の応募者の7分の1から8分の1である。広報が足りなかったのだろうと言うことなかれ。もちろん小さな小さな研究所であるため広報不足は激しく否めないが、日中両国で同じだけ力を入れて奔走した。

 この日中の応募者の差を念頭において、次の話を聞いてほしい。中国の応募者からは、募集開始から続々と応募があった。締め切り2ヵ月前には約1300人もの応募が既にあった。

しかし、文章を見るとまさに玉石混淆である。チャレンジ精神のもと、うまかろうが、うまくなかろうが、応募してみるといった感じであった。日本語により親しんでもらうため、手書きを応募条件にしたので、難読の作文も多くあった。

 較べて、日本の応募者は、受け取った作品を見ると、非常に真面目である。しかも、締め切りギリギリでないと応募しない。皆さんは、学生時代などに覚えがあるだろうか?(うちの唯一の研究員は、修士課程を修了したばかりだが、たずねてみると頭をかきながら笑っていた。)

これは、日本人が自分の満足したものでないと応募しない、という傾向があるからではないだろうか。自分が思う一定の水準に達しないと、応募を考慮もしない。そのため、中国人である私は心配で、締め切りを延ばした。ところが締め切りが迫れば迫るほど、応募数は日増しに増え、ついには遅くなったと事務所に直接持ってきてくれた大学生まで現れたのだった。

封筒を開けて中身を見ていくと、几帳面にほとんど全ての人がタイトル・氏名・連絡先を全て明記している。なんと受付業務がやりやすかったことか。

中国の応募者の中には、タイトルどころか、氏名や連絡先の記入漏れも多く、果てはタイトルも氏名も連絡先もすっ飛ばす強者まで現れた。せめて、どれか1つでも書いていてくれれば探しやすいのだが、このときはほとほと困った。せっかく応募してくれた気持ちを無駄にしたくなく、ある大学からまとめて送られた作文の1つだということを手がかりに、大学の先生に連絡をとり、一緒に探してやっとみつかったという思い出もある。

作文のテーマにも、違いがあった。日本人のテーマは、旅行や留学など身近な体験から日中友好を考えるものが多かった。中国人のテーマは日中交流のために、政府の役人もかたやの、大きなテーマを戦略的に考えるものが目立った。よく言えば高い視点から、悪くいえば大言壮語的ともいえよう。

 

相互理解・民間交流の促進のためには

日中両国民の性格の差異が、作文コンクール1つを取ってみても、浮き彫りになる。相互理解の難しさだろう。日本側から見ると、中国人の作文は謙虚さと丁寧さを長所として持つ日本語で、なぜ大言壮語的に強調するのか理解しにくい。中国側から見ると、日本人はなぜ応募をためらうのか。応募してきたかと思うと締め切りの間際にばかり集中する。審査するには時間がかかるのに、である

近くて遠く、永遠の隣人であり、友人。日本と中国において、どうすればわかりあえるのか。主催しているコンクールの話題から飛び火して、どのように日中において相互理解・民間交流を促進していけばよいか考えてみたい。私なりの方法をまとめてみるので、賢明な読者諸氏に意見を頂戴したいと思う。

日中交流研究所の所長以外に、私は日中関係の出版社日本僑報社の編集長をしている。家内工業で人件費がかからず、レイアウトや編集を一人で行うからこそ続いている。知人が冗談めかして「世界一小さい出版社だね」といったことがあるが、あながち冗談でもない。

出納帳の数字が自動で衣替えをするのなら、大抵の数字が黒衣を脱いで、赤い服を着るのに違いない。それでも、無料のメールマガジンやブログをはじめ、「日本人の中国における貢献」「在日中国人の活躍」「日中における実情に即した情報発信」を根底に持つ書籍を出版し続けてきた。なぜなら、知ることは相互理解につながるからである。

ささやかでも情報を発信し続けると、それを読んでくれる人が現れ、支えてくれるように思われる。メールマガジンを例に挙げると、98年から600号以上続けることができた。中国人が日本語でまとめるため、「意味不明」「石より硬い文章」などの指摘もある中、こんなに長く続けられたのは日中両国において支えてくれる方がいたからである。そのため、とにかく、1つの記録として皆さんと歩んできた 2001年から2005年のメールマガジンは『在日中国人』シリーズとして、2006年からは『日中民間交流』シリーズとして出版することができた。

 出版に関して、一言付け加えたい。全く売れていない。好評を博したり、良書であるとの言葉はいただいたりするのだが、実に売れない。読者諸氏に伝えたい。本で埋まる書庫というのはある種の理想だが、同じタイトルの本が積み上がっているという光景は、なかなか悪夢のようなのである。

たまに、奥ゆかしく、遠回しに日本人の方から「どうやって収入を得てきたのか」と尋ねられる(これも「国民性」といえるのかもしれない)。答えは、来日して16年、留学生の時は夫婦2人で学業以外の時間をアルバイトにあて、博士課程修了後は非常勤講師の掛け持ちで糊口と出版費用をしのいできたということである。

 ときどき、自分のしてきたことを振り返る。他に、やることはなかったのか。収入を得るためだけならば、もっと好ましい道があったのではないか。

それでも、日中にかかる懸け橋の小さな礎として、生きていきたい。情報を発信するだけでなく、民間からの相互交流を促進したいと思い、冒頭のコンクールもはじめた。

日中において、民間の立場からどうすればもっともよく友好に結びつくのか、まだ結論は出ていない。だが、日中における相互理解・民間交流の促進のため、活動していきたい。